思いのままの色

copyright © 2017 思いのままの色 花蝶夢佳

使う言葉はその人そのもの

何を書こうか思い浮かばない時って、何だか霧がかかったようによく分からないモヤモヤが晴れなくて、どうしたものかと更に困惑してしまう。



色んな方のブログを拝読していて、アクセスするだけで見ず知らずの個々の方のお知恵を借りられるというのは何という素晴らしき時代か、ありがたや、と思うのだけれど。


今日も(たぶん)重要な知見を得られて、そのこと自体は喜ぶべきことなのに、それによって考察した「現状」には、胸を痛めるなり、姿勢を正すなり、何かしらの作用が私にはあって。

もったいぶってもしょうがないよね。


私たち日本人は、たぶん母語である日本語のみを使い、一生を終える人が大半を占めると思うのですが、それが当たり前すぎて気が付かなかったことがあって。
たった一つの言語でさえ不自由なのは、とてもとてもマズイのではないかと。

そして、もし仮にいつかバイリンガルやその他が多数派になったとして、母語で扱える言葉の貧弱さに、足を引っ張られることがあるのではないか?と。



最近の私は「文化」という言葉に注目していて。
その「文化」という言葉の成り立ちを学んではいないので、真面目なジェントルマンはあてにしないで下さい、それで、その「文化」。
「文と化す」んだよね?
生きている時間を、文章にできるかということ?



もちろんそれだけの意味ではなさそうだけれど(推測)、「マジヤバい」だけで生きていたら、文字通り「マジヤバい」しか認識できないってことだよね。



本を読む人が頭がいいかどうか云々がいつぞやのネットのニュース記事になっていたが、それを踏まえて私の思いつきをまとめようとすると、読んだ物が自らの知性や感性の血肉になるとすれば、読んでいなければスッカラカンだよね、となる。



あああああ勉強しよう、と思う。現在が何歳であろうとも。



だって、文章を読めばその人が何者かを物語るよね。その人の人となり。
当然、今書いている「ここ」でもそう。


だから、作文がてんで無理な人と、それでも作文し続ける人とでは、たとえ素人であっても、いつか大きな大きな差になるのではないかしら。

そして、その差は、いつか未来に仮にバイリンガル(以上)が多数派になれたとして、如実に表れるのではないかと思う。



だって、書いてあること、言っていることの意味が分からないと「通じない」もの。


(出川哲朗さんは天才だから真似しようとしても真似できないよ笑。あちらの方が遥かに難しい)



小田和正さんの「言葉にできない」という歌だって、胸を打たれて感無量でという感性と知性のベースがあってこその歌だと思うの。
あの歌に心が揺さぶられるのは、自分の中にある、ありとあらゆる言葉を尽くしたとしても、どうにも足りないほどに嬉しいということであって、再び引き合いに出して悪いが、それに対して「マジヤバい」なんて言われた日には、泣きながら帰宅し辞書を引きずり出して、言葉という言葉を覚えようと軽く三週間くらいは徹夜したくなるに違いない。



だから、私はどこかしら何かしらで書き続けて、「文化的」に生きていきたい。ついでに自分らしく。
それによって、やさしそうな(と言われる)見た目と声で誤解されることは減るかもしれないと期待して…


かなり短気で口喧嘩なら親が相手でも負けない嫌な子どもだったのに、そういうのって、大人になるにつれて気を付けるようになるからね。


いつかある女性に「猫を被ってる」と初対面で言われてびっくりしたことがあったけれど(その節はありがとうございました、それにしてもお恥ずかしい、とんとご無沙汰しております)、図星だとね、気の効いた一言が出なかった!
修行が足りませんね。


怒ってる姿が想像できないとも言われるし、言われるとたしかに、その方との距離感だと、そもそも腹を立てるようなこともなく、よって普段のほとんどはご機嫌で過ごしていて、そう言われるのも納得なんだけど。

となるとね、私のキッツいところはほとんどの人が知り得なくて、やさしくて穏やかでしかない(それで癒される)という誤解を受けることは、この先も大して減らないかもしれない…

(癒し系なんて単語は早急に死語になるがいい)
(ついでに「天然」も。私はガスではない)



…一体何を書いているんだか笑。
ということで、「文化」です、文化。


このよく分からないブログも、読んでいてしっくりくる方が読んで下さることを願います。
きっと似たような「文化」の中で生きる者同士として、これからもご縁がありますように。



花蝶夢佳

あの頃にお世話になった美容師さんの話

探し物をしていて…もうずいぶんと昔の話を思い出したので、今日はそのことについてお話ししようと思う。


かれこれ十年近く前のこと。
初めて長くお世話になった、とある美容師さんがいた。たしか年齢は同じだったと思う、たまたま紹介してもらって、それからずっと、彼がお店を辞められるまで通い続けた。


まだ今よりもうんと若かった当時の私は、成人したとはいえ、とにかく本当の「大人」になりたくて、では大人とは何ぞと考えた時に、「色気がなければ」と考えていた。(こんな話、恥でしかない)


それで、ある時、今日の髪をどのようにしてもらうかその彼と話していた時に、「とにかく色っぽく見えるようにしてもらいたいんです」と、恥をしのんでお願いしたことがあった。


その時に彼に言われたことが、今でも忘れられずにいる。
「お化粧やヘアスタイルの工夫はあくまでも補助的なものであって、色気というのはその人自身から発せられるものであると思う」と。


まさか本職の美容師さんがそのように仰るとは、思いがけないこととはまさにそのことで、その日の彼との関係性といえば当然ながら美容師さんとお客さんでしかないのに、その時だけはただの人と人同士になったように錯覚した。


そして、この人はいい加減なことを言ってごまかしたりしないんだな、ましてや切実な打ち明け話を茶化したりもしないんだなと、ひどく胸を打たれて、同時にものすごく恥ずかしくなった。


どうしても綺麗な人になりたかったの、色気のある、という言い訳は無用で、もちろんきっちり「綺麗」には仕上げてもらってその日はお店を後にしたけれど、そのことが、今もずっと胸に残り続けている。


あれから何度か引っ越したりして、もうたぶん会うこともないとは思うけれど、どこかで元気でいてくれたらなと、思い出しながら思った。



夢佳

サン・サーンス

音楽といえばほとんどクラシックばかりを聴くが、ラジオのクラシック番組なんてちょうどいいものが世の中にあって、それはありがたい。

ちょうどいいなんて書くと語弊があるが、知らない音楽はまだたくさんたくさんあって、私にとっては新しく胸に響く音楽に出合える、とてもいい機会をもらっていると思っている。



それに関する最近のメモ書きには、こう残してある。


「狂気のピアノ

サン・サーンスピアノ協奏曲 第二番ト短調

33歳の時に三週間で作曲。」



初めて聴いたその曲に、すっかり動けなくなった。
特定の宗教に入れ込むわけではないが、神話や創世記さながらの、激しさと厳しさのつまった音楽に、何だか打ちのめされるようだった。


現代に演奏されている方ももちろんすごいが、あれをたったの三週間で作り上げるなんて、サン・サーンスという人は一体どのような顔つきと眼差しをもって生きていたのだろうと、そのことばかりが気になった。


何かを作り上げるその集中力と、たしかな知性、情熱に、すっかり心を奪われて…

それでも私自身は一先ず目の前のことをやるしかないんだけど、とてもあんな風になりたいとは思えない壮絶さの、あれは一つの物語だった。



夢佳

肌断食は向いてない

いつか記事にしようと思っていたが、肌断食に、或は肌断食で失敗した話。


関心のある方は一度は耳にされたこともあるのではないでしょうか。
「肌断食」は過剰と思われる手入れをやめて、肌本来の力を取り戻し美しさを手に入れる、魔法のような手法だと…私は認識していたのですが、きちんと関連書籍を読んだわけではないし、あまりいい加減なことは言えない。


これまでいくつもの化粧品を愛用してきたが、いつからか洗顔料もメイク落としも化粧水も乳液もマスクも、何もかも合わなくなって、ほとほと困り果てていたところに出合った概念だったため、これは助かったとばかりに、ワセリンのみを顔に塗る生活をしばらく続けていた。


正確には、謎の肌荒れによりワセリン以外を受け付けなくなっていた、ということも大いに手伝っていたのだったが…


顔の肌荒れと乾燥がひどくなる一方で、病院にて塗り薬をもらい、何とか日々をやり過ごしていた。



昨夏よりしばらくよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、最近再び顔の肌荒れがひどくなったのを境に改めて病院にお世話になって…薬のおかげか肌の調子のよい時がまあまあ続くようになった。


今は医薬部外品の化粧水にも助けてもらっているが、顔に何かを塗って、しみない、痒くもならない、赤くもならないことがこんなにも嬉しいことなのかと、洗顔後に手入れをしながらしみじみ思った。


肌断食には何のうらみもないが、自分の肌質に合うか合わないかはもちろんのこと、私のように肌の手入れをすることそのものを「実は楽しみにしてきた」人には、向かないのではないかと思う。


何でもそうだけど、自分に合うか合わないかは自分で見極めていくしかないからね、こんな記事でもどなたかのお役に立てれば幸いです。



夢佳

人に認められることを求めてしまうのは何故なのだろうね

常々考えてしまうことなのだけど。
標題のとおり、「人に認められることを求めてしまうのは何故」なのだろうね。


特に厄介なのが、この人にだけは認められたいと、自分の中での達成の度合いを自分以外の人間に求めてしまうこと。


出来るだけそういうところから離れよう離れようとしてきたつもりが、ふと気付くとまたいつの間にか認められたいという気持ちが生えているのに出くわす。


そういう雑念は目標の達成には正直なところ邪魔でしかないし、いい加減にしてくれないかなとも思うのに、弱気になっているところ、いわゆる隙につけ入られているみたいで悔しい。


それでも知っているはずなのに、私は私が力を尽くしていることを。
出来るだけのことをしてきたはずということを。
これは不毛で情けないなあ。


見返してやりたいという気持ちが強すぎるのだろうか。
これではいつまでも他人に振り回されるばかりではないか、どれだけ距離を置いたとしても。



物足りないのかな、もっと追い込まないと納得しないのかな、私は、私に。



夢佳

スリッパを新調

買い物というのはなかなか奥が深い行為のような気がする…


いい加減いい季節なので、夏用のスリッパを新調した。
鼻緒のあるものの方が足には良さそうだし、実際楽に感じるのだろうけれど、うーん、かわいさを重視してしまった!笑


気に入っているからよしとしよう。



すっかり断捨離も済んでしまうと、使い古した何かを新調する時くらいしか、物を捨てるということが無くなってしまった。


かの有名な「こんまりさん」いわく「祭り」だということだったが、たしかにそうかも知れない、気になる方はこんまりさんで検索なさってみて下さい、著書がいくつか出てくるはずです。
(ネットとはいえ切ったり貼ったりを面倒くさがってしまう)


(きちんとしている風を装って、とんだものぐさ女だということがバレてしまう)


(ごめんあそばせ!笑)



ずいぶん前に、それこそ断捨離真っ盛りの時に件の本を拝読したのだが、えっと、タイトルが出てこない、カレンキングストンのガラクタ捨てれば…の方しか出てこない、ごめんなさい。


とにかくあれこれ読み漁った中の一つがこんまりさんの本だったのだが、部屋が片付いて、そこから先が大事だと書いてあって、ずいぶん泣いたことを覚えている。


あの頃の「そこ」から先にいる私のことは想像もつかなかったけれど、パンドラの箱を開けて、色々あって最後には希望が残ったように、余分になったものを手離して、その先に、忘れていた夢があったというのは、何とも感慨深いものがあった。



部屋にいるのが快適で、わざわざカフェに出向く理由が無くなったのは考え物かも知れないが笑、まあいいか、それは誰かと会う時の楽しみにしておいて、お家で好きなものを飲もう。


この間、それを理由に紅茶を買い込んでしまったし、せっかくだから誰か遊びに来ないかな。



そうそう、よく勘違いされるのだけれど、あんなに片付いてると何でも捨てるのかと思ったと言われることがある。
残念ながら何でもは捨てません笑。
とにかくさっさと片付けるだけで、部屋が綺麗に見えるのだから、面倒くさがりの極みなだけだと思う。


散らかってるとイライラするし、気が散るのよね。
おまけに猫にオモチャにされる、ちょっとペンとかを置いておこうものなら。


ありがたいことに、新しいスリッパは猫の気を引かないみたいなので、安心して使えるからよかった。

そうそう、スリッパの話だけするつもりだったのに、ずいぶん脱線してた笑。


色んな物事が作用して、一日と人生が出来上がっていると思うと、ささやかなスリッパ一つでもお気に入りがあれば、あれ、けっこう幸せなんじゃないのもしかして、と思えるのだった。


夢佳f:id:umeomoinomama:20170615135105p:plain

始まりは感動したこと

何にでも共通することを書くのはつまらないかも知れないけれど、最近のいい巡り合わせだから備忘録に。


友人と出掛けた先で、たまたま入ったとある建物についての説明を施設の方に聞いたのだったが、昔の日本の建築物はかなりの技術を駆使して造られているようで、床一つとってみてもそれは贅沢なものだった。


その建物を造るにあたって、当初の予定にはなかった部屋が増築されており、それは施主が旅に出た先で深く感銘を受け、何としてもそれらをこの邸に再現したいという情熱が形になったもののようで…


私としては、建物そのものを見るのももちろん楽しかったし面白かったのだけれど、その話が、何かの始まりは感動するところからなんだなということに、何だか胸がすくような気さえした。


好きなこと、やりたいこと、どんどんしていいんだって思った。


その昔、船でする旅は命懸けだっただろうに。



おいそれと海外旅行に出られる身分ではないけれど、それでも身近なところから、本を読むのでも音楽を聴くのでも、絵を観るのでもいい、好きなだけ、続けていこうと思う。


観に行きたい展覧会、会期に間に合ううちに行ってこようかな。
この頃は気になるものがいくつもあるから悩ましいな。



夢佳