思いのままの色

変な夢と、鞄の中身、日々のさようなら

シリーズ変な夢「馬車を漕ぐ」

なかなかのタイトルになったが、変な夢。



経緯は忘れたが、馬車に乗って、あるところに向かうことになった。

馬は一頭で、何故か進行方向に向かって後ろ向きで、どういう仕組みなのか、自転車を漕ぐようなペダルが馬から少し離れたところについている。それを漕がなければならないらしい。

つまり、馬の顔を見ながら一生懸命ペダルを漕ぐことになった。


同行者(座席に乗るだけの人)は、学生時代の友人Eと、その娘さん(現実に居るかどうかは知らない)。
あとは、謎の赤子?あの子はどこから来たのか…


そして何故か私が「馬車」のペダルを漕ぐ。


目的地が不明だったが、ある住宅街のようなところに向かった。


Eの娘(とされる女の子)と、ペダルを漕ぎながら話をしていて、到着して、Eが席を離れた時に、ちょうど私たちの年齢の話になっていた。


「もう大人だからね」
「え、まだ若いでしょ?」
「うん、まあ若いけれども、私たち三十路だよ」
「え!じゃあお母さんも三十路なの?」
「そうだよ、同年だもの」

(Eったら、娘さんに年齢を明かしていなかったのか?と疑問が)
(そして、それなら話したらまずかったかなと気になりだす)


そんな話をしていたら、お客さんが増えた。
物語の始まりに出ていた社長さんと、Sさんと、あとは誰の子かわからない幼児が数人?


(そういえば、今回の夢を遡ると、ファッションショーを見ていたことを思い出した)


それでは出発!となって、相変わらず私一人で「馬車」のペダルを漕ぐのだったが…
先ほどまでとは違って、まるで大きな自転車に乗ってしまったみたいに、上手く力がペダルに掛けられず、進むのが少し難しい。


始まりは下り坂で、人数も増えているし、ブレーキを掛けるのに必死だった。
坂道の終わりに、大量の猫が集会をしていて、私たちが馬車ごと近づいてくることに驚いている。


危ないから、上手く避けるから、じっとしていてねと思いつつ、ブレーキとハンドルさばきで難を逃れた。


下り坂の頂点の国道のようなところに合流しようとすると、右手からバスが来たので、それを待って、左折。
前述のように漕ぐのが難しくなっていて、ゆっくりしかスピードが出ない。


ちゃんと追い抜いてもらえるかな、と思いながら起床。


いやしかし変な夢。



夢佳