思いのままの色

変な夢と、鞄の中身、日々のさようなら

姿勢はできるだけ正しましょう

表題の通りです、何の捻りようもありません。
「姿勢はできるだけ正しましょう」。

ただ姿勢がいいだけで、褒めてくださる方はたくさんいらっしゃいます。


仕事で一緒になった方々、姻族、知人、果ては見知らぬただすれ違うだけの人々までが、「姿勢がいいね」ということを、わざわざ口に出して話し掛けてくださいます。


それに関連して、「颯爽と歩くわね」と褒めてくださる女性もいらっしゃいました。


そのように声を掛けるというのは、なかなかに勇気の要ることではないかと思うのです。
他人の愛に触れられる、その思いがけない喜びを、「姿勢がいい」というただそれだけのことで、知るとは思いもよりませんでした。


女性でいえば、一番前にくるのは胸です。
お腹は意識して引っ込めましょう、豊かな腹部が美しさを伴う方は限られていますから。
顎は軽く引きます、顎が上がっていてもよいのは、立ち止まり美しい空に見とれている時だけです。もしくは素敵な男性に口付けされる時のみにしましょう。


そしてもう一つ。
美しい姿勢は健康に繋がります。体調の優れない時は、姿勢を保つだけで体力を奪われていることをひしひしと感じるでしょう。
そのような場合は、できるだけ速やかに体を休めましょう。
元気でいるということは、美しさの基盤となるものですから。


もう一つだけ付け加えるとしたら、それら現実的な利点の他に、姿勢を正すことの意義を考えられたことはおありでしょうか。
そこが根本であり、私が計らずも褒められることになった理由であると思います。そしてそこにこそ、その人らしさが表れるものではないかと思います。


私は、まずは形から入りました。子どものうちには、その姿勢について大して褒められたこともありません。まずは姿勢を正すことに専念していた時期ですから。


今は姿勢を正し続けることに明確な理由があります。「身に付いた」から、その理由が見つけられたのだと思います。


訳が分からないとイライラなさる前に、まずは今すぐに姿勢を正しましょう。
ヒントは、姿勢を正すと、「そこ」が美しくなるということです。



夢佳