思いのままの色

© 2017 思いのままの色 夢佳 「音と香りは夕暮れの大気に漂う」

肌断食は向いてない

いつか記事にしようと思っていたが、肌断食に、或は肌断食で失敗した話。


関心のある方は一度は耳にされたこともあるのではないでしょうか。
「肌断食」は過剰と思われる手入れをやめて、肌本来の力を取り戻し美しさを手に入れる、魔法のような手法だと…私は認識していたのですが、きちんと関連書籍を読んだわけではないし、あまりいい加減なことは言えない。


これまでいくつもの化粧品を愛用してきたが、いつからか洗顔料もメイク落としも化粧水も乳液もマスクも、何もかも合わなくなって、ほとほと困り果てていたところに出合った概念だったため、これは助かったとばかりに、ワセリンのみを顔に塗る生活をしばらく続けていた。


正確には、謎の肌荒れによりワセリン以外を受け付けなくなっていた、ということも大いに手伝っていたのだったが…


顔の肌荒れと乾燥がひどくなる一方で、病院にて塗り薬をもらい、何とか日々をやり過ごしていた。



昨夏よりしばらくよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、最近再び顔の肌荒れがひどくなったのを境に改めて病院にお世話になって…薬のおかげか肌の調子のよい時がまあまあ続くようになった。


今は医薬部外品の化粧水にも助けてもらっているが、顔に何かを塗って、しみない、痒くもならない、赤くもならないことがこんなにも嬉しいことなのかと、洗顔後に手入れをしながらしみじみ思った。


肌断食には何のうらみもないが、自分の肌質に合うか合わないかはもちろんのこと、私のように肌の手入れをすることそのものを「実は楽しみにしてきた」人には、向かないのではないかと思う。


何でもそうだけど、自分に合うか合わないかは自分で見極めていくしかないからね、こんな記事でもどなたかのお役に立てれば幸いです。



夢佳