思いのままの色

© 2017 思いのままの色 夢佳 「音と香りは夕暮れの大気に漂う」

シリーズ変な夢「被曝未遂と逃走」

覚えているうちに書ききってしまおう!という訳で、再びの夢の話。

ご気分に沿うようでしたら、どうぞお付き合い下さいませ。


***


広大な土地、土が剥き出しで、ところどころフェンスで区切られている。
これから何かの実験をすると、見知らぬ男性二人と、よく知る男性一人が立っていて、その場には私も居て、その他たくさんの知らない人々が立ち尽くしていた。


その見知らぬ男性をAさんBさんとし、Aさんは顔立ちが俳優の佐々木蔵之介さんに似ていた、Bさんは体格のいい人、ラガーマンみたいで、よく知る男性をCさんとしておこう。


見知らぬAさんが実験の主導権を握っているらしく、マイクでその実験についての説明をしていた。
Bさんは何やら液体の入った?バケツ、白いペンキが塗られたようなものを持って立っていた。

よく知るCさんは介添えというか勉強中といった風情。


少しずつ歩きながら説明をしていたAさんの足元をよく見ると、銀色をした円盤のようなものが埋まっている。
それを私が見つけた途端に、バケツを手にしたBさんの動きが気になった、あれは放射性物質
あの円盤に近付くと臨界して皆が被曝してしまう!と、何故か思い(注:夢の中です)、私は必死になってCさんを呼び寄せようとした。


「Cさん!危ないから!逃げないと」


ところがCさんは聞く耳を持たない、私にとって現実では大切な人だが、夢の中とはいえ、進んで被曝する馬鹿をするまいと、私は一目散に駆け出した。


地に埋まる銀色の円盤に気づいた頃には、ぎっしりと辺りを埋め尽くしていたはずの人々が忽然と姿を消していて、それが尚、不気味さを増していた。


何とか被害を最小限にしようと駆け出したものの、駆けて行った方と反対側から出てきてしまい、つまり、その「現場」に戻ってきてしまう。


一生懸命逃げているのに、一生懸命戻ってきている。


しかも、足が思うように回らない上に、件の男性三人が追いかけて来る。


恐ろしくなった私は、あるところで方角を変えて、気がつくと病院のような建物の廊下を走っていた。
私の姿は追っ手から見えているはずなのに、何しろ足が回らない、いっこうに追い付かない。
どうせ捕まえられると高を括っているのか、その余裕を匂わせている感じがまた恐ろしかった。


どこかに隠れないとと、ある部屋の戸を開けて逃げ込んだが、身を隠すところを見つける前に、部屋の壁面に天井まである作り付けの引き出しの山の、上の方の引き出しが、いくつもいくつも引き出されて、書類が少し散らばっているのに驚いていた。


昔夢で見た病院に似ているが、あそこはこんな作りの部屋は無かったはず…と思いながら、室内を見渡している時に…夢から覚めた。


***


起きた時に胸を撫で下ろす夢も、なかなか辛いものがある。
時間に余裕がある時はしばしば考え込んでしまうが、考えてもやむ無し、だって夢ですもの。



夢佳