読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いのままの色

© 2017 思いのままの色 夢佳 「音と香りは夕暮れの大気に漂う」

電車で知らない人に思わず話し掛けてしまった話

久々にやってしまった。
先日の話である。

帰路の電車に、それもちょうど満員電車に乗り込んだ時のこと。


スマートフォンを鞄から取り出すこともできず、乗り合わせた人の会話を聞くとはなしに聞いていたら、「○○…!」と、私が行きたかった旅先の話が飛び出した。


何となくボカしたけれど、海外の地名である。


それで、駅をいくつか過ぎ、少しずつ人が減って車内にゆとりができたタイミングで、スミマセン、と思い切って話し掛けてみた。


案の定驚かれたが、何せ私もそんなことは滅多にやらない、驚かれながらも話の輪に入れて下さって、下車する駅までの時間があっという間に過ぎるくらい楽しかった。


昨年にその国にまつわる展覧会に出向いてからすっかり行く気になっていたこともあり、よくご存知のようだし、どうしても聞き逃すわけにはいかないと、勇気を出してみた。


たまたま入った喫茶店でその国が特集されている雑誌を見付けて読んだりとか、とにかく何かしらどこかしらで縁を感じてしまっていて、今回のこれも神さまからのお告げかお導きかと、強引に思い込んだのだった。



あれこれ聞かせて下さるだけではなく、おまけに件の渡航先の様子が分かる映像もわざわざ見せて下さって、それもとても嬉しかった。


世の中捨てたもんじゃないね。
生き生きとされている顔付きまで、すっかり目に焼き付いてしまった。


お付き合い下さった素敵なご両人が当ブログをご覧になることは無いかと思いますが、その節はありがとうございました。


互いに名乗らずの一期一会というのがまた格好いいなと、幾重にも嬉しさの募る一時でした。


いつか行って来ます!
改めて、ご親切に、ありがとうございました。
お二方もどうかご無事で、これからもよい旅をなさいますように。



夢佳