思いのままの色

copyright © 2017 思いのままの色 花蝶夢佳

mixiは続いていてFacebookは続かない理由を考えてみる

更新の頻度はゆるりとしたものだが、mixiは続いている。

対して、Facebookは先日書いた通り、とんと更新どころかログインすらしていない(スミマセン)。

特に書くことを思い付かなかったので、今日はそれが何故かを考えてみる。



たぶん重要な点としては、mixiはほとんどの人が放置している、というところにあるのだと思う。
そして、ログインしている組は、私にとってごく親しい人ばかりだ。


mixiで日記を書いても確認してもらえる。
ただ読んでもらえることが嬉しくて、親しい人に近況報告をすることにしっかり役立っている。



それに比較して、Facebookの方は営業目的で繋がった方や、卒業以来顔も見ていない、ましてや連絡先など知る由もない旧友とも繋がってしまっている。

この辺りは悩んだところもあったが、現代を生きる上ではやむを得ない。


いちいち人員整理をしなければならないほど「友達」の人数の拡大を積極的にはしてこなかったこともあり、きちんと顔も声も浮かぶ人ばかりと繋がっているとはいえ、だからこそ突然アカウントを消してしまうほど思い切ったこともできず、消極的手段として「ログインしない人」というカテゴリに入ってしまうことによって、自分の心を守っている。


(同業者の活躍なんて羨ましくて見ていられない、というのが一番大きい)

(羨むのはお門違いだとは頭では分かっても、気持ちがついてこない)

(まだまだ修行が足りませんな)



加えて、そういう様々な距離感を無視して自分の投稿ができるような感覚がないし、そもそも、Facebookを上手く使える方は、人によってさほど距離感の違いを意識することがないのかも知れない。
これはどこまで行っても想像の域を出ないけれど。

仮に私が自身や他人の宣伝のみの手段として限定していたとしても、Facebookを上手く使えなかったことは事実である。


どうして皆平気なんだ…


私にとっては閉鎖的なところの方が向いているらしい。
人当たりはよいが(そんなの当たり前だ)、親しい人は限っている。
誰に心を許すかを選ぶのもまた当然のことと思っている。


昨年「HSP」という概念を知ったが、自分が正にそれで、これは知ったことで楽になったことでもあるので、また改めて別の記事にしようと思う。



強引に話を戻すと、SNSが無かった頃のような「お元気で、さようなら」を、通しにくい世の中だな、と思っている。


粋(いき)というのはもう死語なのか、すっかり野暮がまかり通る世の中になってしまった。
果たしてこんな大人に、なりたかったのだろうか。



夢佳