思いのままの色

© 2017 思いのままの色 夢佳 「音と香りは夕暮れの大気に漂う」

Facebook幽霊部員

タイトル通り、なので何のひねりもありませんが。
Facebook幽霊部員です。


アカウント消す消す詐欺時代を経て、スマートフォンFacebookアプリを消してからは、ひたすらにログインしない日々。


アカウントを消す元気は消失。
でもアプリを削除しただけ、距離ができてよかった。


どなたかが更新なさる度にアラートが鳴るのを、あれは設定で変えられたりするのかしら、分からないままで面倒だったので、アプリだけやっつけてしまった。


何とまあ静かなことよ。
素晴らしく。


他は電話かメールくらいしか私を呼びつけないスマートフォン
最高!


数年前に勢いに負けて始めてしまったFacebookだったが、どうにも苦手意識が消えないままで、これはシステムに慣れれば何とかなるのかとも思ったが、私にとってはそういう問題ではないらしい。


一つ思い当たる節がある。


Facebookって、学校そのものだなってこと。
実際には選んであるはずの人間関係が、「付き合い」という「世間」のもとにほぼ無尽蔵に増えていく。

これに着いていける、もしくは、それを楽しめる人は、学校が大好きだった人に違いない。


よくよく思い返してみると、Facebookのそもそもの成り立ちからして、この主張とも言えぬような主張も、あながち間違いではないのではなかろうか。


何となく学校という環境そのものを心の芯にまで落とし込んでいなかった、つまり、面倒くさいなって思いながらも通っていた私のような人間としては、Facebookを活用することなんて、ハナから向いているわけがないのだ。


あースッキリした。


Facebookは一応連絡手段の一つではあるので、さすがにアカウントを消すまでは振り切れないけれど、そこそこ学生生活を上手いことやっていたように見えたであろう私としては、そこの所は適当にしたままなのでした。


何の気負いもなく自然と楽しめるのは羨ましくもあるけれど、いいんだ、無理は続かないもの。


そのうちログインすると思うとドキドキする!
何も投稿したりしないけれど。

サシで話すのでもなく、こうして不特定多数に向けて書くのでもなく、特定多数のしがらみ有りに向けて書くっていうのが、演説ならまだしも…それか何かの宣伝ならいけるのか…とにかく感覚としてよく分からないままだった。



結論、私の知らないところで皆それぞれ元気でいてくれたらそれで十分だ。
お幸せに!


そろそろ初夏の気配がしますね。